学問楽(ガクモンガク)

学問はエンタメだ!

哲学者、萱野稔人が排外主義の真相を解く『成長なき時代のナショナリズム』

「中国の台頭によって、日本は右傾化している」――ワシントンポストがそう指摘したのは2012年9月。今やヘイトスピーチやネット右翼、在特会などといった言葉が専門用語ではなく、誰もが知っている単語になった。それほど日本では、ナショナリズムが高まっていると言える。

これに対してリベラル派は「ナショナリズムはよくない」と批判する。しかし、その批判は的外れだと『成長なき時代のナショナリズム』の著者、萱野稔人は言う。理由は2つ。

成長なき時代のナショナリズム (角川新書)
続きを読む

「福島の子どもガン多発報道」びびる前にデータを冷静に見ませんか?

福島の子どもに甲状腺がんが多発しているという報道がありました。その根拠となるデータは何なのでしょうか? そして、そのデータの読み方は正しいのでしょうか?

放射線の専門家でない私たちは、知識を一から学んでその正誤を判断する、などといったことはできません。そもそも何かコトが起きるたびに、専門知識を身につけるなんて不可能です。

だとしたら私たちにできるのは、情報が信頼できるものかどうか冷静に考えたうえで、合理的な判断をくだすことではないでしょうか。

f:id:yodakazoo:20160318191350j:plain
続きを読む

反知性主義者は知識が豊富~『日本の反知性主義』書評~

最近、「反知性主義」という言葉をよく耳にする。彼らにはどういう特徴があるのか、台頭してきた理由はなにか。本書『日本の反知性主義』は、日本の「反知性主義」の特徴と、その登場要因を分析した論考集だ。

知識人こそ、反知性主義者になりうる

反知性主義者は知識に欠けるわけではない。むしろ知識が豊富であることが多い。知識人だからといって、知性があることにはならないのだ。それどころか知識人こそが、しばしば最悪の反知性主義者になりうる。

それはなぜか?

日本の反知性主義 (犀の教室)
続きを読む

賢い消費者or農家になりたい人にすすめたい本『有機野菜はウソをつく』

【どんな本?】
有機栽培は安全で安心というイメージがある。けれど実際には有機栽培であることと、安全・安心であることには関係がない。ではなぜそうしたイメージができたのか。本書は有機栽培の定義、歴史(始まり、広がり、変化)をひもとき、現在の有機栽培が抱えている問題点を明らかにする。

そのうえで、消費者と生産者が理想とする「安全で、安心で、おいしく、環境にやさしい食べ物」を消費・生産するためには有機栽培信仰をやめることだと説く。

著者の齋藤訓之(さいとう・さとし)は「月刊食堂」や「日経レストラン」などの編集記者を経て独立し、現在は、食品ビジネスに携わるプロ向け情報サイト 「Food Watch Japan」の編集長を務めている。亜細亜大学非常勤講師、昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員でもある。

【どんな人向け?】
本当に安全・安心な食べ物を見分ける力をつけたい消費者と、環境はもちろん消費者と有機“的”ないい関係を築ける優れた農家を志す人。

有機野菜はウソをつく (SB新書)

続きを読む

サプリメントで健康被害~食品安全委員会が注意を呼びかけています~

「天然だから安全」「サプリで元気に長生き」「薬じゃないから、いくら食べても大丈夫」――これらはみんなウソです。

健康に役立つとうたう「健康食品」が、たくさん売られています。けれど実際には、健康食品で健康被害が出ることもあります。

健康食品で健康を害さないために、私たちはどうすればいいのでしょうか? 今回は、食品安全委員会が発信した「健康食品に関するメッセージ」の説明会に行ってきました。

いつもの学問紹介とはちょっと違いますが、学びをいかにして社会で役立たせるかを感じてもらえればと思います。

f:id:yodakazoo:20160131213420j:plain

続きを読む